婚約指輪は相場を見てゲッチュー│平均的な指輪購入事情

指輪

平均と照らし合わせる

婚約指輪の価格傾向

リング

婚約指輪の価格は、いくらでないといけないという基準はありません。婚約指輪の費用は全て男性が負担するものなので、男性の収入や支出を考慮して予算を組むのが一般的です。 以前は「給料3か月分」なんて言われていた時代もありましたが、これはダイヤモンドメーカーのキャッチコピーであり、これが価格基準ということではありません。10万円前後で購入する人もいれば、30万円、50万円、もしくはそれ以上で購入する人もいるので、男性の年収に適した婚約指輪を選ぶのが良いでしょう。 とはいえ、予め相場を知っておけば予算が立てやすいというメリットもありますので、参考程度に婚約指輪の相場を合わせて確認しておくことをおすすめします。

相場はどのくらい

婚約指輪の相場は全国平均で確認してみると33万円となっています。 10万円未満で購入している人が約7%、10万円以上20万円未満で購入している人が約14%、20万円以上30万円未満で購入している人が約23%、30万円以上40万円未満で購入している人が約26%、40万円以上50万円未満で購入している人が約11%となっています。これを考慮すると、20万円〜35万円の間が妥当な金額ということになるでしょう。ちなみに、都会の方が購入価格の平均が高いようです。 相場はあくまでも目安なので、参考程度に考えてみましょう。また、無理をして購入する必要はないものなので、出せる範囲でカップルで相談して決めることが大切です。